トップ  仏事のこと  お盆

お盆




「お盆はよく分からないけど、みんな集まるから田舎に帰る。」「お坊さんがなぜかやってきてお経を上げていく。」という方が増えているようです。 せっかく、ご先祖さまのために善いことをしているのに、もったいない限りです。
 そこで、ここではお盆が何かを説明させていただきます。







お盆とは?

 昔々、お釈迦様の弟子に目連尊者という方がおられました。目連尊者は「神通第一」と
呼ばれるほど神通力(超能力)に優れたお釈迦様の高弟です。
 目連尊者は、神通力によって母親が餓鬼道に落ちていることを知ります。
 母親を助けたいと思った目連尊者はお釈迦様に相談しました。
「私の母は餓鬼道に落ちています。助ける事はできないでしょうか。」
 するとお釈迦様は、
「七月十五日に雨季の修行(夏安居)を終えた僧侶たちに飲食を供養すれば、その功徳
で母親を助ける事ができるだろう。」
と、おっしゃいました。
 目連尊者は、さっそく「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を行い、修行明けの僧侶たちに飲食を
供養しました。この功徳によって目連尊者は、母親を餓鬼道から救うことができたのです。
 この仏教の救母説話(『仏説盂蘭盆経』要約)に、日本古来からのお正月と年の半分
が過ぎた時季にご先祖様の霊が家に帰ってくるという風習、それに野菜・果物などの収穫
祭が合わさりました。
 こうしてお盆は、ご先祖さまを家にお招きしてゆっくりしていただき、収穫した野菜などを供
え、お坊さんを家に招きお棚経をあげてもらう行事になったのです。
 お棚経は、ご先祖さまとともについてきた餓鬼(供養をされない霊 )や家に住みつ
いた餓鬼にも食事などを与え供養し成仏させ、その
功徳をご先祖さまの霊に廻向
するものです。

 お盆は、父母先祖への「追恩・孝行」を象徴する仏教行事です。孝行の行事です
ので、「生身魂(いくみたま)」といって、生きてい
る両親にも孝行する必要がありま
す。

 また、お正月とお盆は祖霊が帰ってくるといいますが、お正月は将 来を語り、お盆
は昔を思い出すものです。現在を生きる人が、
一年の内に未来と過去を語る。これ
で、過去・現在・
未来が一つにつながります。

東京のお盆は7月

蒸し暑い日が続く東京の七月。暑い中、着物のお坊さんがバイクで回っているのを見かけたことありませんか?
 地方では、八月十五日ごろが多いお盆。東京では七月十五日ごろがお盆なんです。
なぜなんでしょう?

大きな理由の一つは、
「江戸っ子は八月まで待てなかったから!」
 もともと、お盆は旧暦の七月十五日ごろに行われていました。これは、正月と一年の半分が終わった七月にご先祖さまが帰ってくるという日本の風習と、お釈迦様がご先祖の供養のために旧暦の七月十五日(雨季の修行明け)に僧侶たちに飲食を供養をするように言われたという仏教行事が一緒になったものといわれています。

明治時代、新暦が採用されたとき、旧暦の七月十五日は新暦の八月中なのですが、江戸っ子はそれが待ちきれず、新暦の七月にお盆をおこなったそうです。また新暦を押し付けた明治政府のお膝元だったせいもあるのでしょう。

 なぜ、地方の人々がそれに追随しなかったのか? 理由は簡単!
「新暦七月は農作業が忙しかったから!」
だそうです。新暦八月に入ると農作業は一段落するため、八月に行うことにしたそうです。

 また、東京は七月、地方は八月という一ヶ月違いが定着したのは
「東京にいる親戚と、地方の親戚が集まりやすいから!」
これは今でも、なかなか会えない離れた親戚同士が会える数少ない機会になっています。

もう一つは、
「東京のお坊さんと地方のお坊さんが出稼ぎに出やすいから!」
 お寺が一番忙しいこの時期に、一ヶ月時期をずらすことによって、東京・地方のお寺が助け合うことができるんです。画期的ですね。

 ところで、なぜ地方では旧暦の七月十五日でなく、毎年新暦八月十五日にお盆を行うのか?
 これは新暦を使い始めると、旧暦の七月十五日が新暦では何日にあたるのか分からなくなってしまうため、またお釈迦様が言った十五日というのに意味を感じ、八月十五日ごろに定着したそうです。


お盆の過ごし方

ご先祖様が家に帰ってこられるお盆、せっかくなら気持ちよくお迎えしたいものですが、お迎えの仕方はお住みの地域や家によって違って分かりにくいものです。
 そこで、今回は千手院でご紹介しているお盆のすごし方を説明させていただき参考にしていただこうと思います。

<お迎えの準備>
お盆の準備は、地域や家ごとに沢山の違いがあると思います。
しかし、基本的に
@ご先祖様がお帰りになりくつろがれる準備をする。
A餓鬼道に落ちた人々を救う準備をする。
の、2点を目的にしています。
餓鬼道に落ちた人々を救うのは、餓鬼道に落ちたご先祖様を救い出すのはもちろん、ご先祖様ととものにやってきた餓鬼や、家に住み着いた餓鬼など、他の多くの餓鬼を救い、その功徳をご先祖様に廻向するためです。

◎掃除
お盆の準備は、七夕の日からはじまると言われます。
まずは、七夕の日ごろから、ご先祖様をお迎えし気持ちよくすごしていただくために家の中をキレイに片付けておきましょう。
お仏壇の周りや、お盆棚・精霊棚を飾る周辺は、念入りに掃除しましょう。

◎お仏壇周り(お盆棚・精霊棚)の飾りつけ
一昔前まではお盆にはお盆棚・精霊棚(しょうりょうだな)といって、お仏壇とは別の場所に飾りつけを行うのが普通でした。現在でも、お盆棚・精霊棚を出す場合も多いでしょうが、場所の問題などありますので、今回はお仏壇の周りに飾り付けを行う場合をご紹介いたします。
お仏壇は家により、さまざまな大きさや置き場所がありますが、決して広くなくても、隅になってしまっていても、いつもよりもきれいにして、ご馳走を出して迎えてくだされば、きっとご先祖様はお喜びになります。

@ムシロを敷く。
お仏壇前に台を出して、まこものムシロを敷くお盆の時季になると、スーパーなどで「まこものムシロ」が売られていると思います。これをまずは仏壇の前に出した台などの上に敷いておきます。

A仏様とお位牌を中央奥に収める。
ムシロの中央奥に仏様を置き、その前にお位牌を置きます。

B竹や季節のお花、盆燈籠を飾る。
竹や美しい季節のお花、燈籠を飾る。
竹や季節のお花が、帰ってこられたご先祖様のヤドリ木になるとも言われます。

Cお供物を上げる。
季節の果物や野菜、故人がお好きだったものをお挙げ下さい。
きゅうり、ナスには足をつけます。きゅうりは馬に、ナスは牛に見立てて、ご先祖様に馬に乗っていただいて早くお家に来ていただき、牛に乗ってゆっくりお帰りいただくという意味を込めているといいます。


Dミソハギと水を供える。
飢えた餓鬼たちのために、お皿に蓮の葉(里芋の葉・フキの葉などでも良い)を敷き、その中に水を入れ、ミソハギという植物を紐(紙縒り)で束ねて入れます。お盆で供養される餓鬼というのは、ノドが狭くご飯を食べられないといわれていますので、お水でご飯を通りやすくします。ミソハギには、ノドの渇きを抑える作用があるといわれています。
棚経に来た僧侶は、ミソハギを使ってお供物をお浄めします。
蓮の花やミソハギが用意できなければ、コップの水だけでも構いません。



E水の子を供える。
洗ったお米に、キュウリやナスを賽の目に切ったものを混ぜ、蓮の葉(里芋の葉・フキの葉などでも良い)を敷いた皿に盛ります。
水の子は、ノドが狭く食べ物が入らないと言われる餓鬼たちに、少しでも食べやすくするために考えられたのでしょう。



Fお膳、お水・お茶を供える。
ご先祖様に食べていただくご飯などのお膳を上げましょう。炊きたてのご飯を一番にお供えするだけでもかまいません。
お水・お茶もお上げしましょう。


Eろうそく、お線香を上げましょう。
火を扱うときは十分にお気をつけください。拝んでいない時は、火は消すようにしましょう。


<お迎え>
◎お墓にお迎えに行く。
家族全員または代表者でお墓にお迎えに行きます。
7月13日にお迎えに行くのが本来といわれますが、13日にはお墓まで行けないという方もいらっしゃるでしょうから、千手院では七夕からなら、お迎えにいらっしゃってもかまわないでしょうとご説明させていただいております。
精霊は迷いやすいといわれておりますので、お帰りは寄り道などせずにお帰り下さい。
また、お盆では他の家のお墓にお参りすると、そのお墓の精霊も一緒に連れて帰ってしまうことになりますので、ご自分の家のお墓だけをお参りするようにしましょう。

◎迎え火を焚く。
迎え火をする時刻は、12日に行ったり、13日の夕方に行うなど一定しません。
素焼きのお皿に、新聞紙などの着火物を置き、おがら(お盆の時季にスーパーで売っています。)を乗せて火をつけます。
火が収まってきたら、火傷に気をつけて、火をまたいで家に入ります。
集合住宅などでは、火を焚いても大丈夫か確認し、バケツなどに水を用意し火事に十分注意しましょう。

◎お仏壇(お盆棚)にお参りする。
いらっしゃったご先祖様をお仏壇(お盆棚・精霊棚しょうりょうだな)にお迎えしてゆっくり過ごしていただきます。

<ゆっくり過ごし、ご供養する。>
◎ご供養をする。
昔からお盆の故実にならい、お盆には家に僧侶を招き、お仏壇(お盆棚・精霊棚)の前でお棚経(たなぎょう)をあげてもらいます。
お棚経は、ご先祖さまとともについてきた餓鬼(供養を受けられない霊)や、家に住み着いた餓鬼にも食事などを与え供養し成仏させ、その功徳をご先祖さまの霊に廻向するものです。
ご自宅で僧侶のお棚経をご希望の方は、千手院にご連絡ください。
お寺でも、合同のお盆供養会を行っておりますのでお問い合わせ下さい。

◎ご家族、ご親戚などと楽しくお過ごし下さい。
お盆の期間中は、精霊はお墓から家に帰られておりますので、親戚の方々は精霊のお帰りになったお家にお参りください。(お盆の中日にお墓にお参りする習慣のある地域も一部あるようです。)

<お送り>
◎お仏壇(お盆棚)にお参りする。
お送りする前に、ご先祖様にご挨拶しておきます。

◎送り火を焚く。
迎え火と同様に火を焚き、火をまたいで家を出ます。
お送りの時間も、お迎えの時間と同様一定しません。15日にされるようご説明しておりますが、最近は16日にされる方も多いようです。

◎お墓までお送りする。
お墓に向かう際は、精霊が迷わないように寄り道をしないようにお墓までお送り下さい。