トップ  千手院紹介  千手院の歴史

千手院の歴史


1595年(文禄4年) 下谷町(現在の御徒町)に快實和尚により創建される。
(三百七十四坪一歩御拝領)
(これ以前に僧禅海により神田小柳町に創建されたという記述も残る。)

中野宝仙寺の末寺となる。
1625年(寛永2年) 上野東叡山寛永寺が創建される。(千手院は「東叡山門前」となる。)
1681年(元和元年) 現在の大本山護国寺が創建される。
1696年(元禄9年) 第5世智興和尚により寛永寺領であった現在の下谷金杉(現在の根岸)の地に移される。(千五百二十九坪に加増される。)
1696年(元禄9年)11月 大本山護国寺の直末寺となる。
1700年(元禄13年) 庫裏客殿五智堂建立。
1717年(享保元年) 火事により五智堂を残し庫裏客殿等の伽藍の大半を焼失。
1717〜1727年
(享保元年〜享保11年)
庫裏客殿等再建。
1727〜1855年
(享保11年〜安政2年)
寺誌喪失し、不明。(この間に本堂建立。)
1855年(安政2年) 安政の大震災により、本堂表門が皆潰。
1862年 (文久二年) 本堂再建。(現在の本堂となる。)
1867年(慶応3年) 江戸幕府滅亡。
1884年(明治17年) 弘法大師1050年御遠忌伽藍修繕。本堂庫裏屋根葺きかえ。
1885年(明治18年) 本堂表門再建落慶法要。
1923年(大正12年) 関東大震災。お堂の一部を被災。
1926年 (大正15年) 本堂庫裏大修繕成り落慶供養。
1945年(昭和20年) 東京大空襲。客殿に爆弾が落ちるものの不発。
1952年(昭和27年) 観音経読誦会が初めて開催される。
1957年(昭和32年) 本尊修復並びに休憩所新築等境内伽藍内外大修築整備。
2008年(平成20年) 本尊修復
2009年(平成21年) 五智如来修復
2013年(平成25年) 本堂耐震修復工事完了
当院所蔵『諸記録』等による。