トップ  千手院紹介

千手院ご紹介


 


 補陀洛山千手院は、初代快實和尚が下谷町(現在の御徒町周辺)に創建して400年以上、城北根岸の地に移って300年以上の歴史を持っております。
 現在では、四季折々に草花が育ち、"下町の花の御寺"とまで呼ばれるようになっております。また、千手観世音菩薩さまをおまつりする伽藍は古い木造建築を保ち、江戸時代の密教信仰を伝える五智如来堂も残しており、古い時代を偲ばせるお寺でございます。
 当山が現在のような立派な姿に残るのも檀信徒、ご参拝者、地域の方々のご助力によるものと感謝しております。これからも、皆様の心のよりどころとなり、参拝されました方がすがすがしい気持ちとなられますよう仏さまへのご供養、並びに境内整備に心掛けてまいります。どうぞ皆様にも、末永く当山を盛り立てていただきますようお願い申し上げます。

第26代千手院住職  中 正宣 権大僧正